日本の妖怪カード

妖怪たちを通して語り継がれてきた、日本人の心に大切なメッセージ

日本の妖怪カード

日本の妖怪カードの特徴と使い方

日本の妖怪カードは、藍伽(あいか)氏による、日本の妖怪をテーマにしたオラクルカードです。

日本人の精神性の根本にある、道徳や慈しみの心。
妖怪というシンボルを通して、時におかしく、時に恐ろしく、伝えられてきました。

日本の妖怪カードは、私たちの祖先から綿々と語り継がれて来た「大切なこと」を思い出させてくれるカードです。

日本の妖怪カードのメッセージ

愛州の里の牛鬼(あいすのさとのうしおに)

「過ちを犯したらすぐに謝罪をする。それこそが人としての礼儀なのです」

岩魚坊主(いわなぼうず)

「どんな小さな生き物でも、命をもっているもの。無益な殺生は行わぬよう、こころがけましょう」

玉藻前(たまものまえ)

「見目の美しいものが、本性まで美しいとは限りません。容姿や上辺で人を判断しないように気をつけましょう」

文車妖妃(ふぐるまようひ)

「気持ちを押さえ込み、心にためてしまっていませんか? たまった想いが張り裂けぬよう、日頃から発散を心がけましょう。」

八百比丘尼(やおびくに)

「人の命はいつか尽きるもの。その摂理に逆らわず、自らの人生を全うしましょう。」

など…。ガイドブックにはより詳細なメッセージと、妖怪のストーリーが紹介されています。

日本の妖怪カードの商品紹介

日本の妖怪カード

日本の妖怪カード
妖怪たちを通して語り継がれてきた、日本人の心に大切なメッセージ
Amazonで探す
楽天市場で探す

製品情報

著者 藍伽(あいか)
イラスト neco
監修 小松和彦/飯倉義之
出版 ヴィジョナリーカンパニー
価格 3,000円+税
発売日 2015/11/26
包装サイズ 13×10×2.8cm

カード&ガイドブック情報

カードの枚数 40枚
カードの大きさ 標準サイズ(8.8×12.5cm)
ガイドブック 日本語解説書(102ページ)