オラクルカードとタロットカードの違い

オラクルカードとタロットカードは、イラストの雰囲気やカードの形式が似ているため、よく比較されます。

どちらも同じカードですが、メッセージの種類や使い方が異なります。

オラクルカードの特徴

オラクルカードは1つのカードに1つのメッセージが描かれており、はじめての方でも簡単にメッセージを受け取ることができます。

そのため、カードの意味を読み解くような豊富な知識より、メッセージを受け取る素直さと直感力が大切になります。

オラクルカードは高次の存在からのメッセージ(アドバイス)なので、基本的にネガティブなイメージのカードはありません。

天使、女神、妖精、動物のように、カードにテーマが決まっています。

タロットカードの特徴

タロットカードは、カードそのものにはメッセージは描かれておらず、様々なシンボルを含んだ絵柄がメインになっています。

そのため、タロットカードからのメッセージを読み解くには、豊富な知識と経験が必要になります。

しかしその分、詳細で多様なリーディングをすることができ、過去・現在・未来の詳しい状況を知ることもできます。

「死神」や「悪魔」のようなネガティブなカードがあることもタロットカードの特徴で、現実的ではっきりした回答を得ることができます。

タロットカードにもいくつもの種類がありますが、カードのシンボル(0.愚者、1.魔術師、など)はしっかりと継承されていることがほとんどです。

オラクル+タロット

オラクルカードとタロットカードでは得意な分野が違うため、質問によって両者を使い分けるのがおすすめです。

直感で問いかけたい時はオラクルカード、じっくり占いたい時はタロットカードというように使い分けたり、タロットカードで占った後にオラクルカードで補足するケースもあります。