オラクルカードとは

オラクルカードとは

オラクルカードとは、占いやセラピーなどに使われる、メッセージを受け取るためのカードです。

オラクルカードにはとても多くの種類があります。

カードによってモチーフや絵柄が異なりますが、幻想的でインスピレーションを刺激するようなイラストがオラクルカードの特徴です。

オラクルカードの多くは、40~50枚のカードがセットになっており、カードのメッセージの意味や使い方を紹介するガイドブックが付いていることが多いです。

オラクルカードは、自分でカードを手に入れ、自分で行うことができます。

オラクルカードのメッセージは、自分では思いつかないような「気づき」や「選択肢」を増やすことにつながります。

オラクルとは「神託:神の言葉」

オラクルカードの「オラクル(oracle)」とは、神託や神の言葉という意味です。

神託といっても、オラクルカードのモチーフは神様とは限りません。

もっと広い意味の「高次の存在」からのメッセージを表しています。

天使、妖精、女神、聖人、人魚、幻獣、宇宙、トーテムアニマルなど、いろいろなモチーフのカードがあり、それぞれに性格や特徴があります。

運命をつかさどる「天使」や、毎日を楽しむ「妖精」のように、それぞれに得意なテーマがあるので、問いかけたい事柄に合わせてカードを選ぶといいでしょう。

優しく癒してくれるカードや、はっきりズバッと言うカードなど、カードにも性格があります。

聞きたい質問によってカードを使い分けたり、タロットカードと組み合わせて使うこともできます。